(株)ジェー・ジョンソン(JJ通信サイト)
電気、電子、機械分野専門の翻訳会社ジェー・ジョンソン(株)が月一回配信する「JJ通信」のサイトです。

  1. お問い合わせ
  2. |
  3. バックナンバー
  4. |
  5. HOME

JJ通信 第49号
2009/04/16
ジェー・ジョンソン(株)

┌―┐
│コ│  1.ごあいさつ
│ン│  2.たわごと
│テ│  3.翻訳あれこれ                         
│ン│  4.用語集
│ツ│  5.お待ちしております
└―┘

● JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、
名刺交換をされた方・・・ などの皆様にお送りしています。
(ご迷惑な方には配信を中止します。 こちらまで→ support@j-johnson.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ごあいさつ
──────────────────────────────────

お世話になっております。 「技術翻訳・DTP・印刷」 のジェー・ジョンソンで
ございます。 今月号の JJ通信を配信させていただきます。 お時間が許せば、
是非ご一読下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.たわごと
──────────────────────────────────

JJ通信を配信を始めてから、丸4年が経ち、今号から5年目に突入です。
このメルマガは、なかなかお会いすることのできない皆様に対して、何らかの
お役立ち情報をお届けしたいという趣旨で始めたものです。 

つたない文章で、まだまだ改善の余地もあると思いながらも、気付いてみたら、
4年も経っていました。

今後も継続してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.翻訳 あれこれ
──────────────────────────────────

翻訳するにあたって、用語の統一することは、非常に大切な作業です。
特にマニュアル翻訳において、わかりやすく、読みやすい文章にするには
欠かすことのできない作業です。(地味な作業ではありますが・・・。)

例えば、大量文書の英訳のため、複数名で担当せざるを得ない場合であっ
ても factory set value, factory setting value のように英訳の表記が異なら
ないように用語の統一には常に注意を払っています。

ところが、特に英訳の場合に多いのですが、過剰に訳語統一させようとして、
極端に言えば、「~時」、「~など」の一般的な用語をすべて同じ訳語に統一させ
ようとするお客様がいらっしゃいます。

同じ日本語に対して、同じ訳語をあてようとする気持ちはよくわかるのですが、
日本語と英語は1対1で対応しているわけではありませんし、前後につながる用語
によって、日本語が同じであっても、違う訳語になることも少なくありません。

以前、文書内の「起動時」をすべて at start-up に統一するように依頼されたこと
があったのですが、 「起動時のエラー」という名詞句が箇条書きされていることも
あれば、「インストーラの起動時には、○○して下さい。」というような文(センセンス)
も多数あって、統一するのは、無理でした。 

日本語が同じ「時」であっても、その前後関係から適訳( at, for, on, when )は、変わ
ってきます。  さらには、「起動時のフリーズ= startup freeze」、のように、「時」は
あえて訳さない方が自然な言い方ということさえあります。

私どもが納品したの翻訳を読まれて、もし訳語の不統一がありましたら、(お気軽に
お問合せいただきたいのですが、) それは、前後関係からネイティブスピーカーの
自然の感覚で選んだ(違和感を感じさせない)訳語であることが多いのです。 
そのネイティブスピーカーの「感覚」にお任せいただけたらと、心より思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.用語集
──────────────────────────────────

<イキ>

校正記号の中の1つで、誤って記入した際に、それを取り消すために使用する。
「元の状態を活かす(いかす)」 こと。つまり、何も修正しないことを指す。原稿
と区別するため、常にカタカナで「イキ」と書く。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お待ちしております
──────────────────────────────────

翻訳・DTP・印刷に関して、お問合せ、見積依頼、トライアル(試訳)依頼などが
ございましたら、遠慮なくご連絡下さい。 営業担当が親身になって、迅速に
対応させていただきます。

また、JJ通信に関するご意見・ご感想もお待ちしております。


▼配信中止、ご意見、ご感想、その他のご連絡
support@j-johnson.co.jp

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/otoiawase.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信 バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/


--------------------------------------------------------------------
【 JJ通信 第49号】 2009/4/16 発行

配信中止はこちらまで。 → support@j-johnson.co.jp

■発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社  平石 繁
http://www.j-johnson.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━