(株)ジェー・ジョンソン(JJ通信サイト)
電気、電子、機械分野専門の翻訳会社ジェー・ジョンソン(株)が月一回配信する「JJ通信」のサイトです。

  1. お問い合わせ
  2. |
  3. バックナンバー
  4. |
  5. HOME

JJ通信 第72号
2011/3/31
ジェー・ジョンソン(株)


 
 
┌―┐
│コ│  1.ごあいさつ
│ン│  2.たわごと
│テ│  3.印刷あれこれ                         
│ン│  4.用語集
│ツ│  5.お待ちしております
└―┘

● JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、
名刺交換をされた方・・・ などの皆様にお送りしています。
(ご迷惑な方には配信を中止します。 こちらまで→ support@j-johnson.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ごあいさつ
──────────────────────────────────

お世話になっております。 「技術翻訳・DTP・印刷」 のジェー・ジョンソンで
ございます。 今月号の JJ通信を配信させていただきます。 お時間が許せば、
是非ご一読下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.たわごと
──────────────────────────────────

今回の地震で被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早く復興し、安心して生活できる日常が戻ることを祈るばかりです。

地域によっては日常を取り戻しつつあるものの、停電や原発問題が先行き
不透明で、何となく気が晴れず、どうしても自粛ムードになってしまいがち
ですね。

このままでは経済が萎縮・停滞してしまうので、東北と関東以外の地域では
どうか通常の生活を送っていただきたいと、切に思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.印刷 あれこれ
──────────────────────────────────

デザインするうえで、黒(スミ)は、欠かせない色ですが、通常の黒色より
も深みのあって、高級感を出したい時に使われるのが、「リッチブラック」
です。

リッチブラックとは、スミのインキ1色で表現した色ではなく、シアン、マゼンタ
イエローのインキを混ぜることによる、より深みのある濃い色の黒色のこと
を指します。

ただ、シアン、マゼンタ、イエロー、スミを100%ずつ掛け合わせると、(総ベタ)
インキが乾くのに時間がかかり、紙の裏にインキが写ってしまう「裏うつり」
などの問題が生じやすくなるため、一般にリッチブラックのCMYK 4色の
割合は、シアン(C) 50%、マゼンタ(M) 40%、イエロー(Y) 40%、スミ(K)
100% が最適と言われています。 

また、4色を掛け合わせるため、印刷時のちょっとした版ズレでも、縁がにじん
だように見えたり、あるいは、その上に配置された細い文字や罫線にも同様な
ことが生じますので、取り扱いには注意を要しますし、それを防ぐにはやや
専門的な知識が必要となりますので、データの制作の前に実際に印刷する
印刷会社さんに相談することをお勧めします。

その際には、印刷の前に校正紙を見ることができるのか、確認しておくことも
必要です。 リッチブラックの実際の刷り上りのイメージは、モニタ上では全く
つかめないからです。

注意すべきことばかりを書きましたが、深みのある黒を使うことで締まった印象
のデザインになりますので、機会があれば、是非一度使ってみて下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.用語集
──────────────────────────────────

<Big 5>

繁体字中国語の文字コードで、香港、台湾にて使われているもの。 これに対し、
中国本土の簡体字中国語では、GBコードが使われている。 文字コード体系
が全く異なるため互換性は全くない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お待ちしております
──────────────────────────────────

翻訳・DTP・印刷に関して、お問合せ、見積依頼、トライアル(試訳)依頼などが
ございましたら、遠慮なくご連絡下さい。 営業担当が親身になって、迅速に
対応させていただきます。

また、JJ通信に関するご意見・ご感想もお待ちしております。


▼配信中止、ご意見、ご感想、その他のご連絡
support@j-johnson.co.jp

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/otoiawase.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信 バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/


--------------------------------------------------------------------
【 JJ通信 第72号】 2011/3/31 発行

配信中止はこちらまで。 → support@j-johnson.co.jp

■発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社  平石 繁
http://www.j-johnson.co.jp