電気、電子、機械分野に特化した技術翻訳会社 顧客満足の最大化を追求する翻訳会社

●ジェー・ジョンソン(株)のメインサイトはこちら:技術翻訳の翻訳会社ジェー・ジョンソン

●翻訳分野の詳細はこちらのページからどうぞ: 翻訳分野のページ

JJ通信 第99号(2013/6/28)

● JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、名刺交換をされた方・・・などの皆様にお送りしています。(ご迷惑な方には配信を中止します。こちらまで→ support@j-johnson.co.jp

ごあいさつ

JJ通信は普段なかなかお会いできない皆様への月一回発行のメルマガです。
(配信中止はこちらまで。→support@j-johnson.co.jp
 

たわごと

新宿駅北側の大ガード、毎日そのガード下を通って通勤しているのですが、特に帰宅時の時間帯には様々な人が現れます。
 
ギターを弾きながら歌いまくる若者(観客はゼロです。)、雨が降ってくると1本100円で傘を売り始める傘売りのおじさん。
 
昨日は、風鈴を売っている人が現れました。涼しげでよいのですが、はたして通勤の帰宅時に買う人がいるのか、心配になりました。
 

印刷あれこれ

先日、お客様よりニス引きの依頼があり、ニス引き加工をした製品カタログを納品しました。
 
表面加工では、一般的にPP貼りの依頼の方が多いのですが、今回は裏移りや汚れを防ぎたいというご要望からニス引きが採用されました。
 
確かに表面の「光沢」や「質感」を求めるなら、PP貼りの方が優れているのですが、廃棄する際に有害物が発生するということで、最近では環境面を考慮して、PP貼りを避けるケースも出てきました。
 
ニス引きは、専用の機械があるのではなく、インキを刷るのと同じ印刷機を使って無色透明な溶剤を「塗り」ます。(PP貼りがラミネートを「貼る」のに対して、ニス引きは「塗る」という感じです。)
 
そのため、ニス引きの方がコストと納期を抑えることができます。
 
また、紙面の全面ではなく、紙面上の指定場所にピンポイント的に塗布することができるのもニス引きの良い点です。
さらにニスには水性、油性などのいくつかの種類があり、用途により選択することもできます。
 
ツヤが出るわけではなく、触った触感も期待できないですが、印刷物の保護には確かな効果がありますので、ご予算に余裕がある場合など一度お試しになられてよいかと思います。
 

用語集

<プルーフリーディング(Proofreading)>
 
翻訳前の原文と翻訳後の訳文を照らし合わせて、スペルミス、文法的なミスをチェックすること。
 

お知らせ

●ブラジル向けのポルトガル語、メキシコ向けのスペイン語の翻訳のご依頼が今年なって増えています。英語以外でも主要な言語には対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
 

お待ちしております

翻訳・DTP制作・印刷などに関してのお問合せ・質問、見積依頼、トライアル(試訳)のご依頼がございましたら、ご連絡下さい。
 
▼お問合せフォーム
https://www.j-johnson.co.jp/contact.html
 
▼翻訳お見積について
https://www.j-johnson.co.jp/estimate.html
 
▼JJ通信バックナンバー
https://jj-honyaku.net/wp/backnumber/

JJ通信に関するご意見、配信中止はこちらまで。 →support@j-johnson.co.jp

●発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社 平石 繁
http://www.j-johnson.co.jp