電気、電子、機械分野に特化した技術翻訳会社 顧客満足の最大化を追求する翻訳会社

●ジェー・ジョンソン(株)のメインサイトはこちら:技術翻訳の翻訳会社ジェー・ジョンソン

●翻訳分野の詳細はこちらのページからどうぞ: 翻訳分野のページ

JJ通信 第35号(2008/2/12)

● JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、名刺交換をされた方・・・などの皆様にお送りしています。(ご迷惑な方には配信を中止します。こちらまで→ support@j-johnson.co.jp

ごあいさつ

貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。翻訳・DTP・印刷のジェー・ジョンソンでございます。
私が日ごろ考えていることやふと思ったことなどを月一回このJJ通信にしたため、皆さまにお届けすることと致しました。
お付き合いいただければ幸いです。
 

たわごと

受験シーズン真っ盛りです。真冬に入試があるため、降雪で交通機関に影響が出ないかとか、風邪を引いて体調を崩さないか等、受験生のいる家庭は大変ですね。
 
そのため、欧米に合せて秋入学するなど、入試の時期の見直しを主張する人も一部には、います。でも、真夏に入試?!では雰囲気が出ないですよね。
「厳しい冬」を越えるから、春が訪れるのであって、諸々の厳しい条件も含めての「受験」ですから、受験生には、それを乗り越えて頑張ってほしいものです。
 

DTPあれこれ

お客様から「PDFファイルを作成して下さい。」とよく依頼されます。その際に私どもでは「そのPDFを何に使われますか?」とお聞きします。PDFは設定によって容量、が軽くも重くもなるので、用途をお聞きすることが必要なのです。
 
AdobeソフトでPDFを作成する際には、おおまかに言って、「スクリーン」「プリント」「プリプレス」の3つの設定があります。「スクリーン」は、プリントせずに画面を見るだけのもので、一番容量が軽くなります。「プリント」は、通常のプリンターで出力可能なPDFです。そして、「プリプレス」は、イメージセッターで出力が可能で、つまりオフセット印刷に耐えうる高解像度のPDFです。
 
そのため、容量も重くなりますので、カラーのページ物では、メールに添付して送るには適しません。さらに確認すべき事項は、トンボが必要かどうか、元データが見開き2ページで作られている際に、そのままで良いのか、あるいは1ページごとにするのか、さらには、フォントを埋め込んだPDFなのか、あるいはアウトライン化してから作成するPDFなのか(特に中国語、韓国語などの英語以外の言語の場合)、・・・など、本来確認すべき事項は少なくありません。
 
校正紙は受取ったが、別の部署にメールで校正用のPDFを送りたい。カタログを印刷した後に、WebサイトにそのPDFを載せたい。元データのアプリケーションがないので、PDFを転用して販促ツールを作りたい。など、いろいろな用途があると思います。
 
WEBサイトに載せるのに容量が重かったり、印刷するのに解像度が低かったりという行き違いを無くすには、PDF作成を依頼する際に、一言その用途を伝えるのが、良いと思います。
 

用語集

<装丁(そうてい)>
 
表紙、函、本文をレイアウトし、書物としての体裁を整えること。
特に、カバーと帯は書籍の顔とも言え、書店での売れ行きを大きく左右する。
 

お待ちしております

翻訳・DTP・印刷に関するお悩みごと、ご相談等ございましたら何なりとご連絡ください。
営業担当が親身になって、迅速に対応させていただきます。
 
JJ通信に関するご意見、ご感想もぜひお聞かせください。
 
▼お問合せフォーム→https://www.j-johnson.co.jp/contact.html
▼翻訳お見積について→https://www.j-johnson.co.jp/estimate.html
▼JJ通信バックナンバー→https://jj-honyaku.net/wp/backnumber/

JJ通信に関するご意見、配信中止はこちらまで。 →support@j-johnson.co.jp

●発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社 平石 繁
http://www.j-johnson.co.jp